国内旅行の定番地域といえば北海道を思い浮かべる方が多いと思います。広大な大地の北海道を旅行するのに大切なのは移動手段です。ここではレンタカー移動と電車やバス移動のポイントをお伝えしていこうと思います。

レンタカーで北海道を楽しむ

レンタカーを借りるメリット

レンタカーを借りるデメリット

レンタカーで楽しめるドライブコース

旭川市内から美瑛経由で道東を目指す

旭川市内の観光を楽しんだ後は、北海道の広い大地のドライブを楽しみましょう。美瑛・富良野の四季折々の景色と、狩勝峠から雄大な十勝平野を眺めながら、帯広方面を目指すコースをご紹介します。予定走行時間は約4時間、午後からの出発でも大丈夫です。 旭川市内から国道237号線を走って30分ほどで美瑛町に入りますが、丘に咲く色とりどりの花が、見る人を楽しませてくれます。さらに10分ほど進み、地名が書かれていない標識を右折して数分で、アップダウンが伴う直線道路に入ります。大地の中を走る爽快感を味わえるでしょう。国道237号線に戻って国道38号線を90分ほど走ると、峠の休憩所があり、十勝の山々と大地を見渡すことができます。かつて日本三大車窓といわれた景色は、必見です。帯広市街や十勝川温泉へは、約90分の走行です。

稚内から、サロベツ原野と日本海を眺めながら札幌へ

宗谷岬や利尻・礼文を満喫した後は、北海道ならではの広大な原野と海岸線を眺めながら、ゆったり気分で札幌や新千歳空港を目指すのはいかがでしょうか。予定走行時間は、札幌市内まで約6時間、新千歳空港まで約7時間です。 稚内市内からは、国道40号線を南下せずにノシャップ岬方面を目指しましょう。ノシャップ岬を過ぎたら、ひたすら南下です。最初の1時間は、日本海とサロベツ原野を眺めるだけの走行ですが、滑走路気分を味わえるかもしれません。覆面パトカーが配備されている場合があるので、速度超過には要注意です。天塩町から留萌市までは国道232号線の一本道、留萌から先は、高規格道路・高速道路経由と国道231号線経由を選ぶことができます。ルート途中の温泉やグルメも満喫できる走行ルートです。

自然溢れる北海道の旅行

都会に疲れ癒しを求める人には夏は暑すぎず、冬は奇麗な雪景色を見られる街と自然が隣接した北海道の旅行がおすすめです

電車やバス移動で北海道を楽しむ

北海道は路線バスだけではなく観光地ならではの観光バスも運行しています。ここではバスや電車移動のメリットやデメリット、移動時に楽しめる景色やサービスなどについてまとめていきますのでぜひ参考にしてみてください。

電車やバス移動のメリット

電車やバス移動のデメリット

電車やバス移動で楽しめる絶景景色

© Copyright Classic Hokkaido. All Rights Reserved.